TOP > オーナーズアクセサリー > メモリアルカプセル

☆PARIS EROTICA DOG FETI☆  SPECIAL ITEM
この度、メモリアル工房とのコラボでパリエロからメモリアルグッズを出品する次第となりました。
このグッズは愛犬との別れの時を迎え、でも少しでも愛犬を側に感じたい、共に生きていたい、様々な思いがある中で企画されました。
-------------------------------------------------------
『メモリアルカプセル』
大切な家族だったペットの遺骨・遺毛・爪・歯などを収めて、普段からお守りとして身につけることができます。
刻印は、お名前・生誕日〜没年月日・メッセージ (12文字程度まで)・ご希望で一覧表のイラストもお入れできます。

Sサイズ: カプセル部分 約2.5cm×約1cm , チェーン全長 約60cm
Mサイズ: カプセル部分 約4cm×約1.5cm , チェーン全長 約60cm
Lサイズ: カプセル部分 約5.5cm×約2cm , チェーン全長 約60cm
LLサイズ: カプセル部分 約7cm×約2.5cm , キーホルダーパーツを含む全長 約13cm
素材: アルミ

刻印内容
1. ワンちゃんのお名前
2. 生誕日〜没年月日 (例: 2003.3.3〜2010.2.22)
3. メッセージ (12文字程度まで)
4. イラスト有無の指定可 (お入れする場合はデータの一覧表からお好きなものをお選び頂き、位置をご指定下さい)
*カプセルにお入れできる刻印イラスト一覧をPDFで見る場合は こちら (PDFファイルが開きます)

※ご注文をお受けしてからの制作になります。ご注文の際は下記の注意事項を必ずお読み下さい。

注文方法と注意事項
刻印について 】 刻印内容1〜4を、「決済時のお支払い方法選択ページ下部の通信欄」にご記入下さい。 通信欄にご記入出来なかった場合は、ご注文コードを確認の上、info@pariero-mall.com までメールにてお送り下さい。 (*クリックすると必要事項リストが記載済みの状態でメールが起動します)
お届けについて 】 商品の発送は受注確定から2週間前後を予定しておりますが、ご用意でき次第早めにお届けさせて頂きます。
決済について 】 受注生産品ですので商品代金を前払いで頂きます。決済確定後にご予約完了となります。 代金引換でのお買い物はできませんのでご注意下さい
返品交換について 】 受注生産品ですのでご予約確定後はキャンセルや変更・返品は一切お受けできません。
ご不明な点などございましたらお気軽にご相談下さい。
パリエロモール:  お問い合わせフォームは コチラ

■メモリアルグッズの一覧はこちら■
メモリアルカプセル
メモリアルカプセル

メモリアルカプセル

商品番号 162702

8,800円(+税)

カラー\サイズ S M L LL
ピンク × ×
ブルー × ×
シルバー

△:残りわずかです。
×:在庫切れです。

数量

  
お使いのブラウザ・モニタ環境などにより掲載写真の色が実際の色と違って見える場合があります。
『パリエロチカ メモリアルグッズ』
パリエロ創業の最初のお客様のチワワちゃんが先日お星様になりました。悲しく、辛い。。。しかし生あるものには必ず死が訪れるのです。私たちの愛犬も含め、私たち自身にも必ず訪れるのです。。だけど彼女にしてみたら、とにかく何もかも信じられない気持ちで悲しみに包まれ、お骨を抱きしめ泣くばかりでした。そんな彼女を少しでも慰められたら…という想いから、パリエロが大好きだった彼女と愛犬のためにメモリアル工房さんの協力を得て、パリエロのブレスとわんちゃんのブレスとメモリアルカプセルをプレゼントしたところ、それはそれは喜んでくれました。
この出来事がきっかけとなり、メモリアルグッズに踏み込むことを決意しました。
出会ったペットを最後まで見届けられることは素晴らしい事です! 途中で捨てられたり放置されたり虐待されたりしている犬がいる中で、最期まで飼い主の愛情に包まれ生き抜いた事はとても素晴らしい事なんです! そして、虐待や放棄の後に亡くなったり殺処分された悲しく不幸なわんちゃん達も、虹の橋の前の野原ではみんなが健康で楽しく走り回っているそうです。
いつかまた虹の橋の前で大好きな愛犬と再会するまでの絆に想いを込めて2つのお揃いのブレスを作成しました。
それが今回のメモリアルグッズです。
【 虹の橋の伝説 】
ご主人様とお別れしたペットは最初に天国に続く虹の階段の前の野原にやってくるそうです。 そこは1年中春のようにポカポカしていてご飯もお水もたっぷりあるし、その子が一番元気で綺麗だった姿に戻って生活が出来るそんな場所。 でも、何かが足りない。。。「一番大事なものがやってくる日まで僕はここにいるよ!」 …そうです。それは私たちです。 いつか私たちも天寿を迎えて天国の階段の前に来る日があるでしょう。 そして再び逢えた喜びと共に二人で天国に続く虹の階段を上って行きます。。